代表者プロフィール


沖倉功能

沖倉功能 (おきくら かつよし)

有限会社ピージェイハーベスト
代表取締役

  • 東京都府中市出身
  • 早稲田大学教育学部卒業
  • 千代田火災海上保険(現:あいおい損保)勤務後、会計事務所を母体としたFP会社を経て1999年独立
  • 2004年有限会社ピージェイハーベストを設立
  • 有限会社ピージェイハーベスト 代表取締役
  • 沖倉社会保険労務士・FP事務所 代表
  • 保有資格:社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー(CFP・1級ファイナンシャルプランニング技能士)
  • 商工会議所年金教育センター登録講師、社団法人日本能率協会登録講師
  • 講師実績:年間150回~200回
  • 八王子在住
  • 2女の父

 

講師をはじめたきっかけ

私は約15年間講師業を営んでおります。今でこそ年間約150回担当させていただくようになりましたが、元々やりたくて始めた訳ではないのです。

講師を始めるきっかけは、FP会社に入社したことでした。
大学を卒業後、損保会社に入社したのですが、たまたまFP(ファイナンシャル・プランナー)という資格を知りその面白さにすっかり惹かれた私は損保会社を退職。会計事務所を母体としたFP会社へ転職いたしました。
FPの仕事と言えば、クライアントに中立的な立場から保険や住宅ローン・資産運用のアドバイスをして、ライフプラン実現のサポートすることと考えておりましたので、業務内容もコンサルティング業中心と思っておりました。
もちろんそのような業務もあり、私も担当させていただきました。
ところが、当時はFP資格の人気が急激に出始めた時期だったのです。各資格専門学校もFP講座に力を入れだし、私のいた会社にもその講師依頼が複数舞い込んできました。社員がそんなに多い会社ではなかったので、ほぼ全員が何らかの科目を担当させられて講師をすることとなったのです。入社間もない私も例外ではありません。
つまり率先してというより、気がついたら講師をしていたという方が正解だと思います。

いざ人前で話してみると、その難しさを嫌というほど痛感させられました。考えていることの半分も伝えられない・・・。受講生の目はなぜあんなに怖いのだろう・・・。等々
そのため、「どうすれば興味を持ってもらえるか」「どう説明すればわかってもらえるか」をかなり研究しました。本で勉強したり、他人のセミナーを聞いたり、あるいは同僚に評価してもらったり。今思えばこの経験が役に立ったのだと思います。
実際、工夫をして実践すると目に見えて成果が現れてきました。受講者の反応も良くなり、アンケート評価も上がってきたのです。
そうなってくるとさらに究めたくなるものです。より研究を重ね、気がついたら講師という仕事にすっかり魅了されてしまっていました。
ついには講師として独立してしまい、社会保険労務士資格も取得し現在に至っている次第です。

これが私の講師を始めるきっかけであり、今でも講師を中心業務としている理由です。

 

講師業への想い

講師は説明することだけが仕事ではないと思っております。
わかりやすく説明するのはもちろんですが、聞いてくださった人に
【その気になってもらう⇒話した内容を実践してもらう⇒今後の人生に活かしてもらう】
ここまでたどりつかせることが講師の仕事のはずです。つまり、講師とはよりよい人生を送るためのサポート役だと思います。
私はそう考えておりますし、そう信じて話す内容を作り上げております。
これが私の講師への想いです。

具体的に紹介しましょう。
例えば年金の話をするにしても、単に制度の話だけでは不十分です。
仕組みや金額を知った上で、「どのような対策を立てればいいのか」に気付いていただき、実行してもらってはじめて意味をなすのです。実行していただければ、ゆとりのある老後生活を送れることにもつながるはずです。結果としてセミナーに出席したことをきっかけに、人生にプラスの効果が生じる訳です。 私の年金セミナーはそのような内容になっております。

単に知識を提供するだけではなく、今後の生活に活かせる指針を提供することが講師の本来の仕事だということです。
この想いを胸に、今後も講師業に邁進していきたいと思います。

 

講師養成の仕事

講師という仕事は片手間でできる仕事ではないと思っております。少なくとも、人様にきちんと伝えられることが必要です。例え無料セミナーの講師であったとしても、出席者の時間はいただいている訳です。軽い気持ちでできる仕事ではありません。
では、一部の人間にしかできないかと言うとそれも違います。
どのようなテーマでも、共通する「人前で話すために基本テクニック」はあります。それさえマスターし、準備をして臨めば講師はできます。私自身が15年間講師をやってきて、そして多くの講師を見てきて行き着いた結論です。
「軽く考えないでほしい、でも難しくも考えないでほしい」
講師という仕事へ持っていただきたい考え方です。

最近講師をやってみたいと考えている方が増えております。非常に良い傾向です。
特にこれからの低成長時代、高齢化時代には持っているスキルをお互いに伝えあうことは一層必要とされてくるはずです。誰もが講師をやる機会は出てくるはずですし、増えてくるはずです。
しかし、上記の通り、基本テクニックは必要です。
これを知らないために、人前で話すことに高い壁を感じてしまい二の足を踏んでいる方も多いようです。これは残念なことです。

私自身、長年講師をやらせていただきてきました。もちろんこれからも続けていくつもりです。ただ、少々偉そうな言い方になってしまいますが、還元していくことも必要な時期にきているとも考えております。講師をやりたい方に、そのテクニックを伝えることが使命だと思うようになってまいりました。

そのため、話すテクニックをテーマにしたセミナーにも力を入れている次第です。
より多くの方に講師のやりがいを知っていただき、講師に取組んでいただく。そのきっかけを提供していきたいと思っております。

 

私の夢

私には夢があります。
学校を作ることです。
それがどのような学校なのか、専門学校なのか、ビジネススクールなのか、あるいはカルチャースクールなのか等はまだ固まっていませんが学ぶ場を作りたいのです。できれば、私が講師のやり方を教えた人に教壇に立ってもらいたいと思っております。
やるべきことはまだまだありますが、その夢に向けて歩んでいきたいと思います。

そのためにも今後も
・自ら講師となって年金などを伝える業務
・講師をやりたい方をサポートする業務
この2本柱で、講師という仕事をさらに究めていきたいと思います。

ページ上部へ戻る