ブログ

「老齢基礎年金」という名称

年金の知識がある方ほど、一般の人に年金を説明するのが不得手だったりします。

なぜか?

原因の一つに、無意識のうちに専門用語を使ってしまうことがあげられます。

例えば、「老齢基礎年金」という名称。

年金に携わっている方からすれば、何とも無い言葉ですが一般の方はここで引っ掛かります。
「基礎年金」の意味がイメージできないのです。

そのため、「基礎年金」は「国民年金」のこと、と一言挟めばよいのです。
これでイメージがわいてきます。
伝わり方も全く異なってきます。

知識ある方ほど、換言すれば、年金を勉強すればするほど、実務で活かすためには伝える工夫が必要なのですね。

  • 「老齢基礎年金」という名称 はコメントを受け付けていません。
  • ブログ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る