ブログ

確定拠出年金ビジネス新時代

5月に確定拠出年金法が改正されました。
実施は来年の1月からですが影響は大きそうですね。

ちなみに私は個人型の加入対象者拡大に注目しています。

加入者拡大に伴い、恐らく多くの金融機関が利用者獲得に力を入れてくるでしょう。
さらに、現在高く設定されている手数料などの引き下げ競争も行なわれるでしょう。

これにより、多くの方の目に留まり、注目を集めるようになると思います。

確定拠出年金は税制上確実に有利な仕組みですので、周知され、利用が進むことは喜ばしいことです。

一方で、利用する金融機関(運営管理機関)選びや商品選定が重要になってきますしサポートも必要となってきますね。

さらに金融機関としては、顧客に個人型利用サポートを行なえれば、必然的に確定拠出年金以外の必要性も訴えられますので、自社が扱っている金融商品(投信・保険)販売に結び付けられます。
また、確定拠出年金と公的年金の受け取りは同じ口座にするケースが大半になりますので、公的年金の振込口座獲得にも直結します。

利用次第では大きなビジネスチャンスといって良いかと思います。

当然弊社でも、これを踏まえた金融機関様向け研修や、顧客向けの個人型確定拠出年金利用セミナーを開催してまいりたいと思います!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る