ブログ

年金改正法案

3/11に年金改正の法案が国会に提出されました。
可決されれば、我々の生活に大きな影響がでそうな改正が以下の3つです。

1.厚生年金保険加入者の拡大(平成28年10月)
2.第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除(平成31年4月)
3.マクロ経済スライド制度のルール見直し(平成30年4月)

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/…/houritu/dl/190-26.pdf

ちなみに、1.の厚生年金保険加入者の拡大はパートタイマーなどの方にも加入対象を拡げる案です。

現状では一般的に週30時間以上(会社によって異なる)の労働時間であれば、厚生年金保険つまり社会保険に加入することになっていますが、これを20時間以上に引き下げる改正案です。

社会保険に加入するということは、本人も会社も保険料を負担することになるので影響は大きいといえます。

もっとも、従業員501人以上の大企業は平成28年10月から適用されることは決定されています。

今回の改正案は、従業員500人以下の企業も労使の話し合いで適用できるようにするものです。

あくまで「話し合いによって」はということなので強制ではありません。

その意味では、中小企業にとっては今まで通りでも問題ないということでもあります。

ただ、個人的には今後強制適用するための最初のステップのような気もします・・・。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る